引越しました! 旅行記ブログ
by nokonokoblog
カテゴリ
全体
2008シンガポール子連れ旅
旅の思い出
子連れ旅 0歳バンコク
中国・パキスタンの旅
未分類
以前の記事
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
フォロー中のブログ
メモ帳
旅行記中心の「のこのこblog」ライブドアの不具合が多いため、試験的に引っ越しました。

過去記事はこちら
のこのこblog

メインサイト
のこのこ旅の情報ノート
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

シアトルはチューリップの街

a0097288_0281343.jpg

a0097288_0281342.jpg

a0097288_0281333.jpg

シアトルのパブリックマーケットには特産品のサーモンや蜂蜜などをはじめ、新鮮な野菜や魚介類、衣料品やアクセサリーなどあらゆるものが売られているが、中でも断然華やかなのが花屋さん。
シアトルの5月はチューリップの時期。近郊で育てられている素敵なチューリップの花を売る店が沢山並んでいる。

ギッシリとボリュームのある花束はほんの10ドルほど。
思わず買わずにはいられない。
ステイ先の奥さん、ジャネットにプレゼントした。


もう一枚の写真はデパートで見かけた女の子のドレス。

ふわふわのチュールの中に造花の花びらが入っていて、あまりの可愛さに目が釘付け!

や〜ん欲しい〜っ!
でも今は特に着る機会がないし…。

そうね、明日香がドレスを着る機会があったらこんなのちゃちゃっと作ればいいのよ。

アメリカはとにかく子供服が素敵なのです。


花束もドレスの花でも、お花ってワクワクするよね。
[PR]
by nokonokoblog | 2009-08-23 00:28

チューイングガムの家

a0097288_7186100.jpg

a0097288_71863.jpg

a0097288_718668.jpg

シアトルの街の一角で、驚きのアートに出会った。

チューイングガムの家。

家の壁全体に色とりどりのチューイングガムが隙間無く張り付けてあり、全体が素晴らしいアートになっているのだ。

ポカンと半口開けながらその見事な作品に見入ってしまう。
一体、誰が何のために。
どれだけの年月がかかっているんだろう。
どれだけのチューイングガムが使われてるの?
一人で作ったのか、町の人が勝手にドンドン張り付けていったのか?

いろんな疑問が湧いてくる。

石畳の古い裏通りにある仰天の現代アートは、シアトルの街並みにしっくり馴染んでいた。
[PR]
by nokonokoblog | 2009-08-22 07:18

マウントレイニアとスタバ1号店

a0097288_1344573.jpg

a0097288_13445793.jpg

a0097288_13445745.jpg

まだアメリカ旅行最大のトホホな日の話を書いていませんが、ブログ更新が止まっているのにも飽きてきたのでそろそろアメリカ旅行ネタを始めたいと思います!

マウントレイニア、って聞いたことあるでしょう?
コンビニのカップ形のコーヒーのシリーズで有名よね。

マウントレイニアはシアトルのシンボルの山。
ワシントン州のナンバープレートもマウントレイニアのデザインになっています。

高さは富士山と同じくらい。(アバウトですみません)

そのマウントレイニアですが、一年中曇ってると言われるシアトルでその姿を見られるのはほんの数日と言われています。

でも。
見ちゃったもんね♪生レイニア。
シアトルの街並みを海上タクシーで海から眺めていたそのとき、くっきりと美しいその姿を。
なんてラッキーなの!

写真は飛行機から見えたマウントレイニア。
これもラッキー。
美しいでしょう?

シアトルと言えば、コーヒーの街。
カフェラテの街。

スタバ一号店があることでも有名です。ちなみにタリーズコーヒーの本店もシアトル。シアトルズベストコーヒーってのもシアトル。
とにかくシアトルの街には1ブロック毎にスタバやその手のコーヒ店があるのです。ちょっと驚くよ。

で、なぜシアトルがコーヒーの街なのか?
そんなこと知りません。誰か教えてください(笑)

そんなわけでシアトルの人気観光地と言えばスタバ一号店。
港沿いの小さな店でね、照明を落とした店内にレトロなカウンターバーみたいな作りが素敵。

ここで一号店オリジナルカップを思い出に買ってきました。
いろんなデザインがあるけれど、一番シンプルでこのお店の創業時のロゴがプリントされたカップっす。たっぷり500CC入るアメリカンサイズ。

スタバは今や世界各国にあって、それぞれの国や地域のオリジナルカップがあって集めている人も多いようですけど、やっぱりひとつ持つなら一号店のでしょ!

旅先でこういう身近な場所を訪れるのって、楽しいよね。
[PR]
by nokonokoblog | 2009-08-08 13:44