引越しました! 旅行記ブログ
by nokonokoblog
カテゴリ
全体
2008シンガポール子連れ旅
旅の思い出
子連れ旅 0歳バンコク
中国・パキスタンの旅
未分類
以前の記事
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
フォロー中のブログ
メモ帳
旅行記中心の「のこのこblog」ライブドアの不具合が多いため、試験的に引っ越しました。

過去記事はこちら
のこのこblog

メインサイト
のこのこ旅の情報ノート
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ただいま

a0097288_1895423.jpg

a0097288_1895425.jpg

朝、巨大なハーツレンタカーに車を返して空港へ。

ものすごく早く空港に行ったというのに搭乗したのは私たちが最後。
子連れだとなぜこんなに時間がかかるんだろう。

成田到着までは11時間半。

やっとのことで到着。
今、東京へ向かう電車の中です。

まだまだ道中長いけれど、心底ホッとしたわ。

悠大も明日香もこの半月で驚くほど成長したわ。
お父さんびっくりするよ。

海外初めてのゆかちゃんもすっかりたくましくなりました。
みんなそれぞれどんな事を感じていたんだろうね。

私は驚くほど顔が汚くなったよ。涙
レンタカーで自由に動くのがたまらなく楽しかったな。味しめてまたやりそう(笑)

とにかく帰ってきました。

ばんざ~い!
[PR]
by nokonokoblog | 2009-05-29 18:09

最後のマンハッタンビーチと一波乱

a0097288_17452021.jpg

a0097288_17452081.jpg

a0097288_17452057.jpg

a0097288_17452047.jpg

ロス市街地観光はハリウッドだけにして、夕方五時にはマンハッタンビーチに戻ってきた。

帰り道には下道を走ったので、ビバリーヒルズなど、ロサンゼルスのいろいろな街並みを楽しむことができ、最後のドライブを満喫。

マンハッタンビーチはビーチバレー発祥の地と言われていて、沢山のバレーコートが常設されている。

サラサラの白砂の感触をみんなで楽しむ。
悠大が寄せる波に足を濡らし、波打ち際を走り回ってはしゃぐ。
あまりに楽しそうでなんだか感動してしまう。

私はやっぱり都会より自然のほうが好きだ。

ビーチを後にして、最後の買い物をしようとスーパーへ。

そこで、大変な事をやらかしてしまった。

駐車場で子供たちを降ろしているときに、悠大の膝に車の鍵おいたまま、うっかり全てのドアを閉めてしまったのだ。

悠大が鍵のリモコンを押したのだろう、ドアが開かなくなってしまったのだ!

「悠大、ボタン押して!」

外から悠大に必死で叫ぶ。
とにかく連絡、と家にヘルプの電話をかけたところで運良く鍵が開いた!

あ~。良かった~。

こんなに肝を冷やした事は海外ではもちろん日本でもないよ。

全く私が悪い。
どんなことがあっても今後子供が鍵を触ることがないようにしよう。

腰が抜けたところでスーパーに入り、バナナを買おうとカートに入れると、子供達が騒ぎ出す。

バナナが食べたいのだ。
そうか、お腹が空いたんだ。
あまりに落ち着かないのでバナナだけ先にレジを通して悠大に渡すとものすごいスピードで食べ始めた。
悠大は一気に二本、明日香も半分以上食べた。

落ち着いたところでやっと買い物開始。
ラクダ夫からのリクエストでトルティラチップスを選んでいると、なんと通路にうん○がゴロンと。
悠大がずっしりと出したものが落ちたのだ。
一瞬何事かと固まってしまったが、とにかく素早く片づけて床掃除。

全く子連れの旅は大変だ。
二週間、24時間ずっと子供に気を配り、外ではベビーカーを押しながらおんぶにだっこに肩車。
ぐずった時も家にいるときのように泣かせっぱなしにはできないし、健康管理にも気を使う。

子供達が常に楽しい気分で過ごせるように、どんなに疲れていても起きている間はハイテンション。
それでもやはり旅はやめられない。
子供達も毎日楽しそうだしね。

夕飯をどうしようかと言っていたら、スーパーの敷地の一角に吉野家を発見。
牛丼好きとしては押さえておかないとでしょう、アメリカの吉野家。

入ってメニューを見たらびっくり。
セットメニューが牛丼とケーキだよ!
選べるケーキ五種類(笑)
スープも味噌汁の他にミネストローネとかさ。そして飲み物は当然コーラとか。一応グリーンティーもあるけれど、有料。

ビーフボウルの他にはシュリンプボウルやチキンボウルなど。チキンは甘い味でみんな大好きなんだそうだ。
テイクアウトして食べてみたら値段と味はほぼ同じなのだが、肉の量が多い!いや、ごはんの量も多いぞ。

でも、米が違う。日本のより少し長いやつでやはりイマイチうまくない。
でもまあ、アメリカでこの程度の味ならいいんじゃない?

夜、必死で荷物をまとめる。
長い旅行も明日帰るだけだ。
[PR]
by nokonokoblog | 2009-05-29 17:45

ハリウッドに来たどーっ!

a0097288_67962.jpg

a0097288_67968.jpg

a0097288_6791.jpg

a0097288_67953.jpg

ロサンゼルス観光最終日。

来たぞハリウッド!
20年ぶり(笑)
なかなか楽しいよ。
すごくきれいになってましたわ。

しかしハリウッドで弁当広げる日本人は私くらいだろう(笑)
[PR]
by nokonokoblog | 2009-05-28 06:07

水族館からガラスの教会へ。

a0097288_1627546.jpg

a0097288_1627561.jpg

a0097288_1627524.jpg

水族館をあとにして、帰り道は海添いの景色最高の道を走ることにした。

ここはビーチではなく断崖に沿った道で、とにかく眺めが最高なのだ。

大きなサングラスをかけて車の少ない道を夕日に向かって走るのは最高!

ここに、ちょっと有名なガラスの教会がある。

壁や屋根が全てガラスでできている小さな教会で、庭には花がいっぱい。庭から見下ろす景色が素晴らしく、憧れの結婚式場としても人気がある。

式をあげる気が全くないゆかちゃんも、ここいいですねえ、と妄想スイッチ入って楽しそう!
私も悠大とチュってして永遠の愛を誓ってしまいました。あはは。

今ロサンゼルスでは紫色の花が咲く大木、ジャカランタがあちこちで咲いている。
このジャカランタは悠大の木でもある。
ジャカランタの花に見送られて教会を後にした。

少し走って「ロサンゼルスで一番素敵なロケーションのスタバ」に立ち寄って海沿いドライブの1日を締めくくった。

運転も少しなれてきた。
やっぱりロサンゼルスはレンタカーの旅が最高ね!
[PR]
by nokonokoblog | 2009-05-27 16:27

ロサンゼルス到着

a0097288_018813.jpg

a0097288_018936.jpg

早朝、頼んでいたタクシーでマイアミ空港へ。
チャイルドシートが無くても乗せるかどうかはドライバー次第。違反行為なのだから嫌がるのは当然だ。

デトロイトまで二時間半、待ち合わせが五時間。そしてまた四時間のフライトの後、嫌がるドライバーに頼み込んで子供を隠すようにしてタクシーに乗る。
空港近くはポリスがうようよいて違反車を狙って張っているのだ。

無事いとこのお姉さん家族が住む家に到着。
小学生の男の子二人がいる日本人家族で、マンハッタンビーチという、ロサンゼルスでも有名なオシャレなビーチの近くに住んでいる。

ちょうど二年前にきた時は、明日香がまだお腹の中にいて、私はつわりの時期で微熱が続いていたのだ。
こちらの子供たちも大きくなって、たった二年でもすごい違いよね。

ごはんと納豆とシラスが出てきてみんな大喜び!
特に明日香。久しぶりにお菓子やアイス以外のまともな食べ物を食べてくれた。 しかもバカスカ食べる食べる!
やっぱり日本人は日本食だよ。

なんだか心底ホッとしてぐっすり眠った。
[PR]
by nokonokoblog | 2009-05-27 00:18

ロサンゼルス水族館

a0097288_8535832.jpg

a0097288_8535870.jpg

a0097288_853583.jpg

ロス3日目。
朝から手作りした日本食をわんさか食べて、今日は南に30キロ、フリーウェイに乗ってロングビーチの水族館へ。

水族館もまあまあだけど外の海添いの芝生がきれい。

運転も慣れてきてロサンゼルスライフ満喫ちゅう~。
[PR]
by nokonokoblog | 2009-05-26 08:53

マイアミ観光

a0097288_1562949.jpg

a0097288_1562935.jpg

a0097288_156293.jpg

a0097288_1562997.jpg

また1日飛ばして船を降りた日の話。



朝、無事に入国手続きができて船を降り て、早速困った。

チャイルドシートがないからという理由で、子供がいるとタクシーに乗せてもらえないのだ!
アメリカは実はタクシーにも乗れない国 だったのだ。

仕方なく重たい荷物を引きずって公共バスに乗ったはいいが、乗り換えの場所では雨に降られるし、散々。
とにかく天気に恵まれない旅だ。

でも嬉しいことに予約していたホテルの前にバスを降りられたので、良かった!
ホテルは南欧風?のすごく可愛い建物でなかなかオシャレ。
一休みして歩き出す。

まずはツーリストインフォメーションに行ってバスの路線図をもらおうと、行ってみたら、インフォメーションというよりツアー会社だった。

雨だし、子連れで公共バスでなんて大変だよ。このツアーにしろ、とかなり強引に勧誘を受け、確かに楽だし、と40ドルで三時間半、約90分のクルーズ込みの市内ツアーに参加することに。

ツアー開始までの時間、マイアミビーチに行ってみる。

空は雷ゴロゴロ、どんよりした海。マイアミらしい高い空と青い海はどこに行ったの~?

でも、砂浜でしばしくつろぐ時間は砂に線路を書いて悠大と走ったり、貝殻を拾ったり、しばしリフレッシュ。

ツアーが始まる頃にはすっかり雨。

でも幸運なことに、ツアーの最初、船に乗る頃から雨が上がってだんだん晴れてきた。

船に乗ってダイナミックなマイアミのビル群やクルーズ船の行列、マリーナなどの風景を楽しむ。

クルーズのメインは海沿いにズラリと並ぶ有名人の家。

これはキャメロンディアス、これはジャッキーチェンなどなど豪華な家々を次から次と楽しむ。

頭上にはプライベートセスナ機やヘリコプターが飛び交う。トンボのように曲芸飛行して海に浮かぶ小さなフロートに
すっと着陸する様は見事で悠大も大喜び。

空はすっかりと青空を取り戻した。
船を降りたら今度はマイアミ市内の名所をバスで回る。

リトルハバナの一角にドミノセンターがあり、ドミノ遊びに興じるお爺さんたちが。

マイアミにはキューバ文化が生きているのだ。スペイン語が飛び交うのにも驚かされる。

ビバリーヒルズみたいな豪邸のエリアは圧巻。巨大なマンションも超豪華。 ダウンタウンにはかっこいいモノレールが走り、未来都市のよう。

なんだかとにかくマイアミという街にはハンパじゃ住めないようだ。とてつもない金持ちか余程スレた輩でないと。

特に物価が高いわけでもすべてが高級なわけでもないが、なんだかイっちゃってるというか、日本人の常識ではとてもついていけないものがある。
リゾートなんだけど、我々真面目な日本の庶民にはどうも居心地が悪そうだ。

バスの中で四人とも居眠りしながらこの何もかも大味なマイアミの街に揺られていた。

ツアーが終わり、街を歩く。

それにしてもこのマイアミという町、何だかなあ。
すごいのよ歩いてる姉ちゃんの格好が。殆ど水着?
おっぱいボンボン!お尻モリモリ。
男の人もなんだかすご肉感的というか享楽的というか…

タトゥーは当たり前だし道端のあちこちでポリスに後ろ手を縛られて何人も逮捕されてるし、ド派手な車は走ってるし、なんだか日本人には困っちゃうような落ち着かない感じ。
アメリカさまのスーパーリゾートだもんなあ。

日本人には馴染まないわ。

明日はいよいよロサンゼルス入り。
またデトロイト経由。丸一日かかります。
頑張ろうね。
[PR]
by nokonokoblog | 2009-05-24 01:56

マイアミ港からクルーズ出航!

a0097288_1491966.jpg

a0097288_1491974.jpg

a0097288_1491950.jpg

a0097288_1491947.jpg

さて、ホテルからどうやって港まで行くか。

1時にホテルから港へ無料サービスでバスが出るのだけれど、もっと早く行っておきたい。

友達に教えてもらっていた公共バスを乗り継いで行く方法で行こうと無料バスでまずは空港まで行く。

ところが空港でまごまごしているうちに一時間に二本ほどしかないバスに乗り遅れ、これから市バスを乗り継いで行くには時間が足りなくなってきた。
タクシーにも断られ、結局エアポートシャトルでタクシー料金とほぼ同じ料金で行く事に。

港に着いて、今から乗る船を見上げてびっくり。

デカい!

あの~これはビルですか?
とても船とは思えない大きさ。

とりあえずはしゃいで記念撮影。

チェックインを済ませていざ乗船。

いやはや豪華だわ。 高級ホテルがそのまま船になった感じ。 狭いと聞いていた部屋もダブルベッドだし、充分な広さと設備。これなら快適だわ。

1時45分から日本人による説明会があるというので行ってみると、日本人は私たちだけだった。
それから避難訓練やらなにやら忙しく過ごし、あっという間に夕食時間。

夕食は毎日豪華なコースメニュー。

食事をする場所はバイキングやダイニングなど色々あるが、どこで何を食べても無料なのだ。だったらコース料理食べたいじゃんね。
味もアメリカの割になかなかなのよ。

窓からカリブ海を眺めながら優雅なひとときといきたいところだが、子供がいると大変!
これ食べたいだの氷かじりたいだの、汚すわ落とすわ動くわで母はヘトヘトだよ。

食事のあとは劇場でショーが。

きみまろみたいな漫談をやっていたりして、楽しそうだったけど子供たちは落ち着かないので色々船の中を探検して過ごす。

興奮してなかなか眠らない子供たちに悩まされながら私も少し寝たかしら。

明日は憧れのバハマ、40か国目に上陸だ。
[PR]
by nokonokoblog | 2009-05-24 01:49

マイアミへ。

a0097288_0473741.jpg

a0097288_0473745.jpg

a0097288_047373.jpg

a0097288_0473742.jpg

朝早く起きて、シアトルの家を出る。

本当にこのご夫婦は素晴らしい人達だとしみじみ。
さりげなくて完璧な気遣いに感謝感激。
友達が沢山いるはずよね。

さすがにもうこれが最後と言い張っていたラクダ夫も「また今度!」と約束していたし。

シアトルは本当にいい町だよ。治安もいいし人もいいし、緑豊かで最高!
実際アメリカの他の町だとこんなにリラックスできないんだよね。

また来ようね!

空港で日本に向かうラクダ夫と別れ、私たちはデトロイトへ。ノースウエスト航空はデトロイトを拠点にしているので、乗り換えは遠回りでもデトロイト経由が安いのだ。

約四時間でデトロイト到着。国内時差が四時間くらいかな。携帯がGPSで勝手に時刻を合わせてくれる。

待ち合わせは四時間。
ゲートの上の階を走るシャトルに子供たちを載せて5往復くらい。時間潰しにはぴったりだ。

次々と離陸する飛行機に悠大は大興奮。
「飛行機きた、飛んだ、またきた、行っちゃった…」
ずっと実況中継し続ける悠大。
言葉が出るようになって来たので母も楽しい。

悠大はこの旅ではいつもご機嫌。
自分なりに思い切り旅を楽しんでいる姿に成長を感じる。

夜九時。
夕日が地平線に落ちたと同時にマイアミ行きの飛行機に乗り込んだ。

見事な夜景に迎えられて無事マイアミ空港到着。
空港近くのホテルにチェックイン。

夜中の二時半。時差のせいでまだまだ眠くならない子供たち。
お腹が空いたので日本から持参したラクダ夫の会社の豆腐を開けると、子供たちがバクバク凄い勢いで400gのパックを食べてしまった。
お父さんの豆腐が大好きなのね。

さあ、寝ましょう。
明日はいよいよクルーズなのよ。
[PR]
by nokonokoblog | 2009-05-24 00:47

シアトル最終日。

a0097288_858458.jpg

a0097288_85841.jpg

a0097288_858492.jpg

a0097288_858484.jpg

パーティーの前の話です。

イチローの一試合2ホームランで逆転勝利、大興奮で野球から帰ってきた翌朝。起きたらなんと10時半!

ひえ~すっかり寝坊じゃないの。
でもゆっくりするのも必要。
歩いて10分ほどの公園に子供たちを遊ばせに行く。

いやはや見事な公園。通路はラバー敷き、遊具の下はコルクチップを敷き詰めてある最高の設備。

色んな人種の子供たちがわんさか。どこの国でも子供たちは同じように遊ぶのね。
悠大も明日香も大喜び。暑いくらいにいい天気。私たちも心底リラックス。

なんと犬のフンを入れる袋まで備え付け。
シアトル郊外のこの街は、マイクロソフトの本社があり、この公園のすぐ裏がマイクロソフト。
この街も住人たちもある程度豊かなのだ。

スーパーにパーティーで作る食材の買い出しに。
初めてのアメリカのスーパーに、ゆかちゃんは興味津々。
ビールの品数の多さにも驚いた。

さあ、パーティーの準備準備!
[PR]
by nokonokoblog | 2009-05-18 08:58