引越しました! 旅行記ブログ
by nokonokoblog
カテゴリ
全体
2008シンガポール子連れ旅
旅の思い出
子連れ旅 0歳バンコク
中国・パキスタンの旅
未分類
以前の記事
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
フォロー中のブログ
メモ帳
旅行記中心の「のこのこblog」ライブドアの不具合が多いため、試験的に引っ越しました。

過去記事はこちら
のこのこblog

メインサイト
のこのこ旅の情報ノート
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

子連れバンコク旅行記(9) 3日目 天空の寺。

a0097288_2371690.jpg

「今からどこに行きましょうか。お寺に行ってみませんか?面白そうなお寺があるんです。」

一体どんなお寺かと思ったが、都会の人いきれにも疲れた。お寺の静けさに浸るのも悪くない。

さっとタクシーに乗って到着したのは、天空の城のような不思議なお寺。
バベルの塔のように小山の周囲をぐるりと階段がついており、それをずっと登っていくと、頂上にパゴタ(仏塔)が見える。
a0097288_23123053.jpg

「頂上からはバンコクの街一望ですよ。 でも、登るんですよね・・・。 悠大君はどうしましょう。」

「おんぶ紐だすよ。」

悠大を背負って長い階段を上るのは辛いが、高いところは好きだしなんだかワクワクする。

「あ。今日に限っておんぶ紐忘れた~!まぁ、いいよ。登ってみるよ。」

ベビーカーは折りたたむとコンパクトで軽い。彼女に持ってもらって私は悠大を抱えてすこし登った後、これではとてもダメだ、と10キロ弱の彼を肩車にしてひたすら階段を登り始めた。
a0097288_2383877.jpg

途中、自由に鳴らせる鐘がある。
気分転換に鳴らしてみるも、休むことはせずに一気に登っていった。少しでも休んだら動けなくなりそうだからだ。

ハァハァ言いながら登る母とは対照的に悠大はこれ以上ないくらいゴキゲン。
そりゃそうだろう、大好きな肩車で自由に見渡せる周りの景色も最高なんだから。

下から見上げて想像したよりは簡単に、上のお寺にたどりついた。

「ついた~!!!」

私は悠大を下ろしてひんやりとした床にへたり込み、持っていた扇子でパタパタと扇いだ。
汗が吹き出て止まらない。

悠大はうれしそうに勝手にはいはいして動く。
若いお坊さんに時折あやしてもらいながら。
外はいい景色だ。
まさに360度バンコク一望。上から見渡すと、バンコクがいかにお寺の多い街かよくわかる。
a0097288_23164253.jpg

「この上に行けるんですよ」
、と彼女が行くので狭いらせん状の階段を登っていったら

「わーーー!!!」
a0097288_23172816.jpg

開放感あふれるその場所は、清清しいタイル張りの床の上に金色に光る大きなパゴタが天に向かってそびえていた。
心地よい風が吹き抜ける。

気持ちいい・・・・。

私はペタンとその床に座り込み、悠大を勝手に遊ばせくつろいでいた。
a0097288_23114759.jpg

「オー。サムライ」

甚平を着ている悠大は外国人にはウケがいい。 彼も気持ちよさそうに這い回っていた。

天空の寺。

登るのは疲れたが、苦手な都会の喧騒から解放されて心がすっかり軽くなり、不思議と体の疲れも癒された。

降りるのは簡単。 

肩車しながらカメラを構えて写真を撮っていたら、「起用ですね」 と日本人の男性に声をかけられてた。

そういえばバンコクに来て他の観光客に話しかけられたのは初めて。 
なんだか清清しい気分になる、そんな寺だった。

a0097288_23185350.jpg

[PR]
by nokonokoblog | 2007-04-11 01:23

子連れバンコク旅行記(8) 3日目 大都会でクラクラ 

a0097288_23223485.jpg

↑これがソムタム。 青パパイヤの歯ごたえととピーナッツの香ばしさがたまらない。


3日目の朝。 
かなさんは外に食事へ。私は部屋の中で悠大と食事。

・・・と思ったらかなさん、近くの食堂のお気に入りのソムタムをテイクアウトして帰ってきた。

「このソムタムがおいしいんですよ~」

ソムタムというのはタイ北部のイサーン料理の代表で、青いパパイヤを細く長く千切りにしたものにたっぷりの唐辛子乾燥えび、ピーナッツやトマトを入れてナンプラーとレモンで味つけしたものである。

「ソムタムって辛くない?私昔イサーンでソムタム食べて立ち直れないほど辛くてさ。苦しみのたうちまわったことがあるんだけど。それ以来一度も食べたこと無いな。」

「そうですか? 大丈夫ですよ。このナマズのから揚げもおいしい~♪」

彼女の辛さに対する「大丈夫」ははっきりいって当てにならない。 
常人からすると相当辛いものでも全く平気な体になってしまっている。 

ちなみに私、ナマズも好きではない。たまに外国の大河の近くの町で、そう、イサーンでも食べた。ソムタムとペアーになっていることが多いのだ・・・あのぶよぶよとして泥臭い白い身が、どうもなじめないのだ。

おそるおそる、ソムタムを食べてみた。慎重に唐辛子を避けて。

「ん??? おいしい!」

すごくおいしいじゃないの! 

レモンの酸味、ピーナッツの香ばしさ、ナンプラー特有の出汁の効いた香り。
そうか~ソムタムってこんなにおいしいものだったのね!
カンタンだよね、家で作ってみよう。 

「日本だとにんじんで作るといいっていいますよね。」

「うんうん、そう本に載ってたよ!」

ソムタム、開眼。

すでに日本に帰国してから作ってしまった。


「今日はBTS(スカイトレイン)に乗って高級デパートに行ってみましょう。そのあとカオサンに行きたいな。」

「わ~いそうしようそうしよう!」

すべて彼女におまかせ。全く自分で考えようと思ってもいなけりゃ何をしたいとすら考えていない。
意外に思うかもしれないが、私は案外素直に親しくて詳しい人のオススメには従がおうとするタイプなのだ。

BTSの駅までは結構あるのでタクシーを使ってしまった。 徒歩15分の距離をベビーカーはきつい。
おお!これがBTSか!
a0097288_2316785.jpg

ゆりかもめやディズニーワールドのモノレールを思い出す。全く現代風で機能的な駅の作り。
もうここがタイだなんて思えなくなってきた。

BTSの料金は25バーツ。
驚くほど高い。
タイのお金の価値を日本の感覚にスライドさせれば4~500円払っているような料金だ。
何日間か有効のパスや定期券のようなものがあるらしいが、この乗り物を日常的に乗れるのはある程度裕福な層でしかないだろう。

自動改札を通るとき、駅員がベビーカーの私のためにさっとゲートを開いてくれた。
おおお!なんてすばらしい対応!
日本でもこのくらい気が付いてくれればいいのに。
そしてバリアフリー用にちゃんとついているエレベーターで上がっていく。

a0097288_23164277.jpg

ピカピカの車両に乗る。 

若い乗客が多い。
だが誰もが見るからにスマートな・・・こぎれいで堂々として、要は貧乏臭い人など一人もいない。
なるほどそれはそうだろう、とえらく納得しながらスイスイと流れていく窓の外を眺めていた。

最初に降りたのはプロンポンという駅。
ここには高級ブランドが山ほど入ったデパート、「エンポリアム」がある。

駅からデパートまでは直結。
ここは銀座か?新宿か?
あまりの都会っぷりにクラクラしながらデパートの中へ。

ん~~~~~。
とにかく美しい建物だ。
静岡の田舎暮らしの私には建物内を見て回るにも気が引けるようだが、今日はちょっとオシャレをしてきたのだ。
大丈夫、駐在日本人マダムに見える見える・・・・(といいなぁ。)

最初に見たのは化粧品コーナー。
あったあった、私の扱ってる会社のコーナー。
化粧水で10000円クラスの超高級品がメインブランドで、あとは百貨店ブランドのルナソルやRMKが主流。

日本でも東京でないとなかなかお目にかかれない豪華ラインナップにため息。
パンフレットを見ていたらお姉さんに声をかけられた。

「かわいい赤ちゃん・・・・何ヶ月?」
「来月で1歳です」
「私も赤ちゃんがいるの。今3ヶ月よ」

3ヶ月・・・・。 
この国では出産してもお世話は祖母にまかせて1~2ヶ月であっさり職場復帰してしまうのが当たり前だ。
この国だけでなく、台湾でもそうだった。他のアジアの国でもこのパターンは多い。

若い嫁は働き、祖母が子育て。食事は屋台で惣菜を買ってすませる。
それは合理的でごく当たり前のシステムとなっている。

一方日本はというと。
働きたい女性にとって日本は全く世界から立ち遅れている。

化粧品は見るだけ。他の階に。
下着が見たくて衣料品のフロアで足を止めた。
すると私よりもかなさんが熱心に品物を選び始めた。
「外国にくるとブランドものの下着が安く買えるから結構買って帰りますよ。でもタイの下着はスリムでカップも小さいものが多いからいいのがあるかどうか・・・。」

確かにブラジャーなど華奢でかわいらしいサイズのものばかり。
これでは私には用がない。

と、お向かいの洋服屋を見ていたらちょうどバーゲンで半額!
それがまた高級デパートだけあって、センス良くってステキなものばかり。
しかも、1500円ぐらいからと、私にも買えるお値段になっているじゃないの。

・・・スイッチ入った!

悠大は勝手に抱っこしてあやしてくれる店員のお姉さんにまかせてほっぽりだし、
次々と選んでは試着しはじめた。
a0097288_23335054.jpg

なにせ妊娠してから今まで、ずっとオシャレに縁がなかったのだ。
やっとこそウエストサイズが戻り、ミルクタンク仕様だったバストもやっと通常サイズに戻ってきた矢先。
気に入ったデザインの服を着てみるのが楽しくて仕方が無い。

かなさんもステキなブラウスを本気で選び始めている。
こういうときに女同士って楽しいのよね!

結局選んだのは3点。
a0097288_12181580.jpg

カジュアルに着られる濃い紫色のシャツ。
ふんわりと肘までの袖が付いてるところがオイシイ、甘すぎないこげ茶色の大人のチュニック(キャミソール付き)。
木綿のざっくり感がとペーズリーの刺繍がかわいいサマードレス。後ろにリボン結びするところもグッドじゃないのー。

ん~~~~見れば見るほど気に入ったぁ~! 

お会計を済ませ、オシャレで豪華な紙袋を持って大満足して売り場を出て、もうお昼にしようよ、とフードコートへ。

・・・さすが。
キレイでオシャレだけど、高い。(汗)

な~んとなく自分ばっかり買い物をしちゃってラクダ夫に申し訳ないような気がしてここで食事をするのが気が引けた。
それに、あまりに人が多くて値段が高いわりにうるさくて落ち着かないのだ。

このデパートには気が済んで、再びBTSに乗って今度は「サイアム」へ。

サイアムというのはバンコクで一番の都会エリア。
私も十数年前に来たことがあった・・・・が。
a0097288_2321557.jpg

見事なデパートや高層ビルがニョキニョキ建ち並び、地べたのほうには路地を挟んで小さくてオシャレな店がひしめいている。

もう、ホントにどうしていいかわかんないほどの大都会で、田舎者の私はこの駅の外を見ただけでクラクラしてしまった。
デパートの中に入って何か食べようとしたが、すっかり気後れしてしまって私が音を上げ、すぐに出てきてしまった。

この街のビルの谷間。
a0097288_23292211.jpg

狭くて奥がずっと続いている通路沿いに屋台が立ち並んでいた。
片側にずらっと食べ物屋台。右側にずらっと4人用テーブル。

ぐっと庶民的な一角で、なんだかとてもホッとしたので、ここで昼食をとることにした。

「この辺は近くに大学もあるし結構安い店もあるんですよね。」

ベビーカーが入るのがやっとの狭い通路を奥へ奥へと入って行き、やっとあいている席を見つけて陣取った。

「それじゃぁ各自好きなものを買ってくるということで!」

かなさんはうれしそうにあれこれ注文を始めた。
私も近くの屋台に注文。おいしそうなフルーツの生ジュースも頼んでみた。

かなさんはごはんに鶏そぼろや空芯菜の炒め物や豚肉の甘辛揚げなどいろいろ載せてもらって、ソムタムも買ってきた。
私は悠大を待たせていたのが気になってアレコレ選べず、シンプルに大好きな鶏そぼろごはんのみ。
でもこれ、最初にタイに行って食べて以来今でも一番好きなタイ料理なのだ。
a0097288_23202842.jpg

「いただきま~す!」

ん~おいしい! 
私は日本でも外国でも都会は苦手。 こういう庶民的な場所で庶民的なものを食べるのが一番好きなのだ。

「この近くにマンゴーのデザート専門店があるんですよ。のこのこさんマンゴー好きでしょ?行ってみますか?」

「行く行く!!!」

私が一番好きな果物といえば、マンゴーなのだ。
マンゴーだけでいろんなデザートがある店と聞いたら行かないわけにはいかない。

思ったよりも小さい店。 それでも席はなんとか空いている。

メニューのシートを見るなり困ってしまった。

・・・・どれにしよう。

マンゴーのアイスやらプリンやら、ミルクがかかったものやら、どれも生のプルプルの果実とセットになっていて、どうにも目移りして選べない。

かなさんはさっさとマンゴーのアイスの盛り合わせに決めた。

「え~それが一番おいしそうじゃん。」
「じゃぁ同じものにしますか。」
「いやだ。同じものじゃつまんない。違うものにする。」
「でもどうしようこれはどんなのなの?」
「書いてあるじゃないですか。」
「え~と、え~と」
「ずいぶん悩みますね。 早くしないと後ろの人が待っていますよ」
「そんなぁぁぁぁ」

もう、泣きそうだ。

それでは、とマンゴープリンにココナツミルクのようなものがかかったものを注文した。
・・・はずだった。

しばらくして私の前に置かれたのは、
ココナツミルクにタピオカが入って、その中にマンゴーの果肉が入っていて、マンゴーのソースがかかっている、というもの。

「ん? 私こんなのたのんだっけ? マンゴープリン頼んだはずなんだけど」
「何言ってるんですか。どう見てもそれ頼んでましたよ。」
「だって、これ、タピオカじゃん。写真だとマンゴープリンにココナツミルクがかかってるみたいなやつだったよ。」
「いや、タピオカって説明が書いてあったじゃないですか。」
「あせって決めたからそんなの見てないよ~。」
「のこのこさん、昨日もパニーニ頼むつもりでクラブサンド頼んでましたね。なんで間違えるんですか?」
「・・・・・・・・・・。 だって、私バカなんだもん。」

痛いところを突かれて本気で悲しくなってしまった。

そうなのだ。 私は異様にバカなのだ。

とりわけメニューを見るのが苦手。
たかだかファミレスのランチのAセットには何がついて、Bセットには何がついて、そのうちコレとコレは選べて・・・、なんていうのがあったらもう、わけがわからなくなる。

ましてや「Aコースの場合はアンティパスタはこの3品から、パスタはあちらに表示してあります本日のパスタとこちらの印のついたものからどれか一品、メインディッシュはこれとこれを覗いたこの枠の中から選んでください」
などと言われてしまったら完全にお手上げだ。

なぜこんなカンタンなことが理解できないのか、と言われても私にもわからない。
とにかく、苦手なのである。

それにしても私がマンゴープリンだと思ってしまった品は特に好きでもないタピオカであったことがとても悲しかったのだ。

「これ、食べていいですよ。」

半ばあきれてかなさんが言うので私はお母さんに怒られた子供のようにしゅん、となってしまった。

「結構いちいち迷ったり落ち込んだりしますねぇ。意外です。」

彼女の私のイメージは、いつも一人旅をしている中でどんどん自分で決断して危険や困難をするりと回避したり解決したりしている「たくましいのこのこ」なのだろう。

でも、実は私は頼れる人がいてすっかりおまかせモードに入ってしまうととことん甘えて一切自分で判断しなくなるのだ。
結婚してからは特にそう。
私はこの旅では彼女を心から信頼して完全に頼りきり、彼女の決めることを受け入れていた。

あまりの頼りなさと甘えっぷりに彼女もさぞかしイライラしたことだろう。ましてや子連れ。
でも、頼りまくるくせに中途半端に主張する旅の連れほど嫌なものはない。
私はひたすら、どこまでも面倒を見てもらい、全てに従ってついていく連れとしていよう、と決めていたのだ。

さて、そのマンゴーのデザートのお味が美味しくないはずがない。
その贅沢な果肉のなめらかさ、甘さ、香り。
それは専門店の名前に恥じないすばらしいものだった。

ただ、注文したものが私の想像したものと全く違っただけなのだ。

a0097288_2322055.jpg

↑マンゴーアイスと餅米とココナツミルクのデザート。タピオカのほうは私の気持ちを反映してかなピンボケだったので載せず。(涙)
[PR]
by nokonokoblog | 2007-04-06 09:37 | 子連れ旅 0歳バンコク