引越しました! 旅行記ブログ
by nokonokoblog
カテゴリ
全体
2008シンガポール子連れ旅
旅の思い出
子連れ旅 0歳バンコク
中国・パキスタンの旅
未分類
以前の記事
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
フォロー中のブログ
メモ帳
旅行記中心の「のこのこblog」ライブドアの不具合が多いため、試験的に引っ越しました。

過去記事はこちら
のこのこblog

メインサイト
のこのこ旅の情報ノート
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:未分類( 30 )

シアトルはチューリップの街

a0097288_0281343.jpg

a0097288_0281342.jpg

a0097288_0281333.jpg

シアトルのパブリックマーケットには特産品のサーモンや蜂蜜などをはじめ、新鮮な野菜や魚介類、衣料品やアクセサリーなどあらゆるものが売られているが、中でも断然華やかなのが花屋さん。
シアトルの5月はチューリップの時期。近郊で育てられている素敵なチューリップの花を売る店が沢山並んでいる。

ギッシリとボリュームのある花束はほんの10ドルほど。
思わず買わずにはいられない。
ステイ先の奥さん、ジャネットにプレゼントした。


もう一枚の写真はデパートで見かけた女の子のドレス。

ふわふわのチュールの中に造花の花びらが入っていて、あまりの可愛さに目が釘付け!

や〜ん欲しい〜っ!
でも今は特に着る機会がないし…。

そうね、明日香がドレスを着る機会があったらこんなのちゃちゃっと作ればいいのよ。

アメリカはとにかく子供服が素敵なのです。


花束もドレスの花でも、お花ってワクワクするよね。
[PR]
by nokonokoblog | 2009-08-23 00:28

チューイングガムの家

a0097288_7186100.jpg

a0097288_71863.jpg

a0097288_718668.jpg

シアトルの街の一角で、驚きのアートに出会った。

チューイングガムの家。

家の壁全体に色とりどりのチューイングガムが隙間無く張り付けてあり、全体が素晴らしいアートになっているのだ。

ポカンと半口開けながらその見事な作品に見入ってしまう。
一体、誰が何のために。
どれだけの年月がかかっているんだろう。
どれだけのチューイングガムが使われてるの?
一人で作ったのか、町の人が勝手にドンドン張り付けていったのか?

いろんな疑問が湧いてくる。

石畳の古い裏通りにある仰天の現代アートは、シアトルの街並みにしっくり馴染んでいた。
[PR]
by nokonokoblog | 2009-08-22 07:18

マウントレイニアとスタバ1号店

a0097288_1344573.jpg

a0097288_13445793.jpg

a0097288_13445745.jpg

まだアメリカ旅行最大のトホホな日の話を書いていませんが、ブログ更新が止まっているのにも飽きてきたのでそろそろアメリカ旅行ネタを始めたいと思います!

マウントレイニア、って聞いたことあるでしょう?
コンビニのカップ形のコーヒーのシリーズで有名よね。

マウントレイニアはシアトルのシンボルの山。
ワシントン州のナンバープレートもマウントレイニアのデザインになっています。

高さは富士山と同じくらい。(アバウトですみません)

そのマウントレイニアですが、一年中曇ってると言われるシアトルでその姿を見られるのはほんの数日と言われています。

でも。
見ちゃったもんね♪生レイニア。
シアトルの街並みを海上タクシーで海から眺めていたそのとき、くっきりと美しいその姿を。
なんてラッキーなの!

写真は飛行機から見えたマウントレイニア。
これもラッキー。
美しいでしょう?

シアトルと言えば、コーヒーの街。
カフェラテの街。

スタバ一号店があることでも有名です。ちなみにタリーズコーヒーの本店もシアトル。シアトルズベストコーヒーってのもシアトル。
とにかくシアトルの街には1ブロック毎にスタバやその手のコーヒ店があるのです。ちょっと驚くよ。

で、なぜシアトルがコーヒーの街なのか?
そんなこと知りません。誰か教えてください(笑)

そんなわけでシアトルの人気観光地と言えばスタバ一号店。
港沿いの小さな店でね、照明を落とした店内にレトロなカウンターバーみたいな作りが素敵。

ここで一号店オリジナルカップを思い出に買ってきました。
いろんなデザインがあるけれど、一番シンプルでこのお店の創業時のロゴがプリントされたカップっす。たっぷり500CC入るアメリカンサイズ。

スタバは今や世界各国にあって、それぞれの国や地域のオリジナルカップがあって集めている人も多いようですけど、やっぱりひとつ持つなら一号店のでしょ!

旅先でこういう身近な場所を訪れるのって、楽しいよね。
[PR]
by nokonokoblog | 2009-08-08 13:44

クルーズ2日目。フォーマルのディナー

a0097288_12235415.jpg

a0097288_12235451.jpg

a0097288_12235491.jpg

クルーズの夕食時、1日だけフォーマルの日がある。
みんな思い思いに少しオシャレをして豪華なクルーズの夜を楽しもうというもの。

フォーマルといってももともとカジュアルスタイルの船なので、たいした格好はしなくてもいい。

Tシャツに短パンのレベルでなければチノパンにポロシャツ程度でも全く違和感ないのが嬉しい。

しかし、気合いを入れて船のタキシードレンタルサービスを利用し、カクテルドレスの美女をエスコート、そして思い出の一枚を撮ってもらうカップルもたくさんいる。 そして食後はバーやカジノへと。

ドレスコードの力を借りてちょっとオシャレしただけで、船での楽しみがぐっと広がるのだからたまらない。

私達は考えた末、少しエスニックな服を持って行った。

私はタイの民族布で作ったサロン風ワンピース。
ゆかちゃんはシンガポール旅の時、kayさんに頂いたインドのパンジャビドレス。

なにせ長旅、少しでも荷物を軽くしたい。 パンプスもアイロンがけもいらないもの…。

普段メイクをしないゆかちゃんをインドの女優さん気分にメイクしてあげるのはとっても楽しい。

彼女、最初は自分の顔にビックリ、引きまくっていたけれど、いざドレスを着てみるとホラ!ぴったりしっくりくるでしょう? とってもキレイ。

化粧嫌いの彼が見たら後ずさりするだろうね(笑)

子供たちもオシャレさせて、ディナーにむかいます。

階段で写真を撮っていると、可愛い明日香に人気集中。母はいい気分だわ!

ドレスコードなんておかまいなしの子供たちがいたらテーブルの上はグチャグチャで、優雅な食事は到底できないけれど、なんだかとっても楽しかった!
[PR]
by nokonokoblog | 2009-06-05 12:23

クルーズ三日目。カリブ海ビーチは大荒れでした(>_<)

a0097288_1616940.jpg

a0097288_1616936.jpg

a0097288_1616961.jpg

a0097288_1616988.jpg

a0097288_1616932.jpg

クルーズ3日目の話です。


今日上陸するのは船の会社が所有している島、ココケイです。

小舟に乗り換えて島に渡ります。
見渡す限りのカリブ海!きれいな海~♪

と、喜び勇んでビーチに行ったら凄い風。波もそれなり。たまに雨。

海に浸かってみたけれど明日香が寒がって泣き止まず。
悠大は喜んでたけどね。
砂巻き上げて透明度も全然だし、魚はいないし、それ以前に子供たち二人が私にしがみついてるから全然泳げない~。

雨が降ってきたので屋根のあるところに非難して泳ぐのは終了。寒いし暖かい飲み物やホットシャワーはないし、ご飯食べて帰ってきましたトホホ。

でも少し日がさすと綺麗でね、素敵でしたよ。

天気が良ければどんなにか素敵か…。

まあ、それでも憧れのカリブ海で少しは泳いだからいいよね。


船に帰ってからはプールで遊び、プールサイドの自分で作る無料のソフトクリームなんかを食べてしまったはしゃいでました。
明日香だけが寒がって泳がなかったけどね。

疲れ果てて早く休むも食べ過ぎで夜中に気持ち悪くなり苦しみました。
調子に乗って食べるとダメね。

そんなわけで、ちょっとトホホなカリブ海ビーチの話でした。
[PR]
by nokonokoblog | 2009-06-02 16:16

クルーズ二日目バハマ(ナッソー)

a0097288_1604748.jpg

a0097288_1604780.jpg

a0097288_1604717.jpg

a0097288_1604719.jpg

a0097288_1604791.jpg

今日はいよいよ憧れの国、バハマに上陸!

バハマはカリブ海きってのリゾート王国だ。
首都ナッソーの港に船が着岸、ゾロゾロと船を降りる。

船のIDカードとパスポートのコピーさえあれば入国できるところがクルーズ客だ。

船のIDカードは部屋の鍵と財布を兼ねている。

あらかじめ自分のパスポート番号や顔写真、クレジットカードの番号を記憶させておき、船の中での買い物は全てこのIDカードで決済できるようになっているのだ。

万一カードを無くしても再発行できるし、貴重品は部屋のセーフティーボックスに入れたまま、船の中で財布を使うことはない。
なんと素晴らしいシステム!

入国審査が免除になるのも頷ける。

バハマはカリブ海に浮かぶ島々で構成されている。首都のナッソーはアメリカ人憧れのリゾート地。 港には巨大なクルーズ船が何隻も泊まっている。



すんません続きは後ほど!
[PR]
by nokonokoblog | 2009-06-02 16:00

ただいま

a0097288_1895423.jpg

a0097288_1895425.jpg

朝、巨大なハーツレンタカーに車を返して空港へ。

ものすごく早く空港に行ったというのに搭乗したのは私たちが最後。
子連れだとなぜこんなに時間がかかるんだろう。

成田到着までは11時間半。

やっとのことで到着。
今、東京へ向かう電車の中です。

まだまだ道中長いけれど、心底ホッとしたわ。

悠大も明日香もこの半月で驚くほど成長したわ。
お父さんびっくりするよ。

海外初めてのゆかちゃんもすっかりたくましくなりました。
みんなそれぞれどんな事を感じていたんだろうね。

私は驚くほど顔が汚くなったよ。涙
レンタカーで自由に動くのがたまらなく楽しかったな。味しめてまたやりそう(笑)

とにかく帰ってきました。

ばんざ~い!
[PR]
by nokonokoblog | 2009-05-29 18:09

最後のマンハッタンビーチと一波乱

a0097288_17452021.jpg

a0097288_17452081.jpg

a0097288_17452057.jpg

a0097288_17452047.jpg

ロス市街地観光はハリウッドだけにして、夕方五時にはマンハッタンビーチに戻ってきた。

帰り道には下道を走ったので、ビバリーヒルズなど、ロサンゼルスのいろいろな街並みを楽しむことができ、最後のドライブを満喫。

マンハッタンビーチはビーチバレー発祥の地と言われていて、沢山のバレーコートが常設されている。

サラサラの白砂の感触をみんなで楽しむ。
悠大が寄せる波に足を濡らし、波打ち際を走り回ってはしゃぐ。
あまりに楽しそうでなんだか感動してしまう。

私はやっぱり都会より自然のほうが好きだ。

ビーチを後にして、最後の買い物をしようとスーパーへ。

そこで、大変な事をやらかしてしまった。

駐車場で子供たちを降ろしているときに、悠大の膝に車の鍵おいたまま、うっかり全てのドアを閉めてしまったのだ。

悠大が鍵のリモコンを押したのだろう、ドアが開かなくなってしまったのだ!

「悠大、ボタン押して!」

外から悠大に必死で叫ぶ。
とにかく連絡、と家にヘルプの電話をかけたところで運良く鍵が開いた!

あ~。良かった~。

こんなに肝を冷やした事は海外ではもちろん日本でもないよ。

全く私が悪い。
どんなことがあっても今後子供が鍵を触ることがないようにしよう。

腰が抜けたところでスーパーに入り、バナナを買おうとカートに入れると、子供達が騒ぎ出す。

バナナが食べたいのだ。
そうか、お腹が空いたんだ。
あまりに落ち着かないのでバナナだけ先にレジを通して悠大に渡すとものすごいスピードで食べ始めた。
悠大は一気に二本、明日香も半分以上食べた。

落ち着いたところでやっと買い物開始。
ラクダ夫からのリクエストでトルティラチップスを選んでいると、なんと通路にうん○がゴロンと。
悠大がずっしりと出したものが落ちたのだ。
一瞬何事かと固まってしまったが、とにかく素早く片づけて床掃除。

全く子連れの旅は大変だ。
二週間、24時間ずっと子供に気を配り、外ではベビーカーを押しながらおんぶにだっこに肩車。
ぐずった時も家にいるときのように泣かせっぱなしにはできないし、健康管理にも気を使う。

子供達が常に楽しい気分で過ごせるように、どんなに疲れていても起きている間はハイテンション。
それでもやはり旅はやめられない。
子供達も毎日楽しそうだしね。

夕飯をどうしようかと言っていたら、スーパーの敷地の一角に吉野家を発見。
牛丼好きとしては押さえておかないとでしょう、アメリカの吉野家。

入ってメニューを見たらびっくり。
セットメニューが牛丼とケーキだよ!
選べるケーキ五種類(笑)
スープも味噌汁の他にミネストローネとかさ。そして飲み物は当然コーラとか。一応グリーンティーもあるけれど、有料。

ビーフボウルの他にはシュリンプボウルやチキンボウルなど。チキンは甘い味でみんな大好きなんだそうだ。
テイクアウトして食べてみたら値段と味はほぼ同じなのだが、肉の量が多い!いや、ごはんの量も多いぞ。

でも、米が違う。日本のより少し長いやつでやはりイマイチうまくない。
でもまあ、アメリカでこの程度の味ならいいんじゃない?

夜、必死で荷物をまとめる。
長い旅行も明日帰るだけだ。
[PR]
by nokonokoblog | 2009-05-29 17:45

ハリウッドに来たどーっ!

a0097288_67962.jpg

a0097288_67968.jpg

a0097288_6791.jpg

a0097288_67953.jpg

ロサンゼルス観光最終日。

来たぞハリウッド!
20年ぶり(笑)
なかなか楽しいよ。
すごくきれいになってましたわ。

しかしハリウッドで弁当広げる日本人は私くらいだろう(笑)
[PR]
by nokonokoblog | 2009-05-28 06:07

水族館からガラスの教会へ。

a0097288_1627546.jpg

a0097288_1627561.jpg

a0097288_1627524.jpg

水族館をあとにして、帰り道は海添いの景色最高の道を走ることにした。

ここはビーチではなく断崖に沿った道で、とにかく眺めが最高なのだ。

大きなサングラスをかけて車の少ない道を夕日に向かって走るのは最高!

ここに、ちょっと有名なガラスの教会がある。

壁や屋根が全てガラスでできている小さな教会で、庭には花がいっぱい。庭から見下ろす景色が素晴らしく、憧れの結婚式場としても人気がある。

式をあげる気が全くないゆかちゃんも、ここいいですねえ、と妄想スイッチ入って楽しそう!
私も悠大とチュってして永遠の愛を誓ってしまいました。あはは。

今ロサンゼルスでは紫色の花が咲く大木、ジャカランタがあちこちで咲いている。
このジャカランタは悠大の木でもある。
ジャカランタの花に見送られて教会を後にした。

少し走って「ロサンゼルスで一番素敵なロケーションのスタバ」に立ち寄って海沿いドライブの1日を締めくくった。

運転も少しなれてきた。
やっぱりロサンゼルスはレンタカーの旅が最高ね!
[PR]
by nokonokoblog | 2009-05-27 16:27