引越しました! 旅行記ブログ
by nokonokoblog
カテゴリ
全体
2008シンガポール子連れ旅
旅の思い出
子連れ旅 0歳バンコク
中国・パキスタンの旅
未分類
以前の記事
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
フォロー中のブログ
メモ帳
旅行記中心の「のこのこblog」ライブドアの不具合が多いため、試験的に引っ越しました。

過去記事はこちら
のこのこblog

メインサイト
のこのこ旅の情報ノート
最新のトラックバック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


子連れバンコク旅行記(4) 1日目、市場

a0097288_14424277.jpg

午後、部屋で少し休んでから近くの市場へ。

天気は曇り。ひどく暑くないのがありがたい。

ここクロントゥーイ市場はバンコクでも生鮮食料品の卸売りで有名な、地元臭満点の市場だ。

入り口は生きたアヒルや鶏などの鳥・鳥・鳥!
その後肉や魚、野菜など、いろんな店とモノと人がひしめいている。
a0097288_14464165.jpg

私にとってはなんともない風景だが、悠大の目にはどう映るのだろう。

この生臭さ、混雑、活気、怪しい雰囲気。
怖くて泣いたりしないのか、と思いきや、彼は全く平気。
足場の悪すぎる市場内を、大勢の人やバイクやリアカーにまぎれながらベビーカーで悠々と。

a0097288_1443121.jpg


「何か食べようよ!」

市場に行く道すがらに歩きながら食べたのは、お米の粉を甘く溶いてねぎを入れて薄めのたこ焼き器のようなもので焼いた丸い粉モノ。

ん~やさしい味。パクパクいけておやつにぴったり。
こういうのと同じようなのがマリにもあったっけ。

そして屋台の椅子に座って本格的に昼ごはん。

ご飯の上に数種類あるおかずを指差して選んでのせてもらう。

a0097288_14434824.jpg

a0097288_14441992.jpg

ん~辛い! でもおいしい!

あ~タイに来たなぁ。

悠大はタイのお姉ちゃんたちにあやしてもらって楽しそうにしている。
とにかくタイ人は赤ちゃん好き。
悠大を見つければ勝手にあやしてくれるので大助かりなのだ。
a0097288_1445445.jpg

その後、フルーツを見て回る。

ドリアンやジャックフルーツなど日本ではとても食べられないような果物が並んでいる。
マンゴスチンやランブータンが食べたくて探していたのだが時期がまだ少し早いのか見当たらない。
a0097288_14461230.jpg


「ねぇ、コレ、なんだろう?」

a0097288_14453841.jpg


びわのようなオレンジの実。
だけどお尻に星がない。
びわが大好きな私たち、それがびわなら絶対買いたいよね、と言いながらあちこちの店でみるこの果物を眺めていた。

あまり熱心に眺めているのでお店の人が皮をむいて少し食べさせてくれた。

「ん? 杏? びわっぽい味もするけどむしろ柿? でもマンゴーの触感?」

ずば抜けて美味しいものではなかったのだが、普通に美味しい。
私たちはすこしだけこの果物を買ってみた。

他にもいろんなものを見ながらうろうろした後、タクシーでインド人街へ。

バンコクではタクシーは便利だ。
たくさん走っていてメーターを使うから明朗会計。
市内を30分ぐらい乗ってもせいぜい60~80バーツ程度。(1バーツ3円)

新しくできた地下鉄やスカイトレインは一回乗るのに25バーツもするので、二人以上なら目的地まで運んでくれるタクシーのほうが断然お得だ。
ついでに心地よく冷房が効いていて、つかの間の休息にもってこいなのだ。

今までタイといえばトゥクトゥクというイメージだったけれど、実はトゥクトゥクはタクシーの3倍ぐらいの値段がする。
明らかにふっかけられているのだが、交渉してもあまり値が下がらないのだ。
住んでいる友達に聞いてもタクシーと同じ程度の値段で乗れたことは無いという。

おかげでバンコク滞在中トゥクトゥクに乗ることは一度も無く終わってしまったが、過去に何度も乗ったことがあるし、子連れな上にあまり不条理な値段で乗って面白くない思いをするよりは、と残念にも思わなかった。

夕方のラッシュ時にはまり、ずいぶん時間がかかってインド人街に到着。

ここには布問屋があるのだ。
インド人の街だから、美しいサリーをまとったインド人がたくさんいる。
サリーも買えるが、タイの民族布や民族衣装も買えるのだ。

私は洋裁が趣味なので、布を見るとアレもコレも、と作りたくなってワクワクする。
友達も私も買いたいものがあったのだが、6時半からの友達との待ち合わせの時間に遅れそうになったため、いったん退散。 ここへはまた来るとしよう。
[PR]
by nokonokoblog | 2007-03-27 14:24 | 子連れ旅 0歳バンコク
<< 子連れバンコク旅行記(5) ディナー 子連れバンコク旅行記(3) 1日目。 >>